» 「買収のメリット」

近年では、多くの企業がM&Aを取り入れており、新聞やニュースなどでM&Aの話題が頻繁に報道されています。

そんなM&Aは、今や企業の成長戦略にとって不可欠な手法と言われていますが、ここでは買収のメリットについてご説明します。

買収は時間を買えるということ

時間を買う

企業の成長には不可欠なものが幾つかあります。

大きなものとしては人材、ブランド力、販売拠点、ノウハウなどが挙げられますが、これらは自社で育てたり、獲得、拡大、取得することができるものです。

しかしながら、これらが業績に貢献できるようになるためには、膨大な時間がかかってしまいます。

また、企業が成長のために今までの領域とは違う新規分野に参入しようとする場合は、自社内に経験は全く蓄積されていないため、その事業領域での人材や顧客、ノウハウなどが必要になります。

これもやはり自社で一から育てていくことは可能ですが、社内に経験や知識が無いため、実際に業績として貢献できるまでには、何度も失敗を繰り返すことが予想されます。

M&Aならこれらを短期間で取得でき、しかも失敗のリスクを回避することができます。

時間を買うことができる幾つかの例を挙げて説明します。

・人材

企業に新たな人材が入ってきたとしても、会社に貢献できるようになるまでには時間がかかります。

また、会社が新規事業に取り組む場合にはその領域でのノウハウが不可欠ですが、今まで全く経験のない領域のノウハウを社員が得るまでには膨大な時間や経験が必要になります。

しかしM&Aで新規事業領域の既存企業を買収した場合は、その分野のノウハウや技術などを持っている従業員を、即戦力として入手することができます。

すなわち、ノウハウや技術を習得するまでの時間を買うことができるということです。

・ブランド力

企業が新規事業に取り組む際、その事業で生み出す商品群にブランド力はありません。

もちろんその企業が有名企業であれば、新規事業商品であってもある程度の訴求力はありますが、商品単体でのブランド力は低いと言わざるを得ません。

ブランド力を高めるためには、どうしても長い期間が必要なだけでなく、戦略を間違えると高めることできません。

ですが、M&Aでブランド力のある企業、商品などを保有している企業を買収すると、時間を掛けることなく、確実に手に入れることができます。

・販売拠点

今ある販売拠点だけでは不十分な場合や、今までにない新たな販売拠点を作っていかなくてはならない場合、一から作っていくこと時間が掛かりすぎます。

適切な場所を探し、店舗を作り、内装を考え、そこに店舗があることを知らしめなくてはなりません。また販売拠点までの流通ルートも確保する必要があります。

もちろん、販売拠点で働く人材も必要になります。

膨大な時間を掛けなくては実現できません。

M&Aで販売拠点を保有している企業を買収することで、その販売拠点はすぐに自社のものとして活用することができます。

・許認可

新規事業に進出する際、その事業には許認可や特許が必要な場合があります。

許認可の場合なら、申請してから認可を得るまでに時間がかかるものが多くあります。

しかしながら、それを得なければ事業に取り掛かることができないため、事業を始動させるまでに相当な時間が掛かることになります。

M&Aで許認可を保有している企業を買収することで、短時間で、全てを自社のものとして活用することができるようになります。

シナジー効果

シナジー効果が期待できる

M&Aで買収した企業や事業と、自社で既に展開している事業とを連動させることにより、多くのシナジー効果が生まれてきます。

シェアの拡大や、事業展開エリアの拡大、事業領域の拡大、新たな得意先の獲得、会社規模の増大など、買収した企業によってシナジー効果は多岐にわたります。

これにより収益機会が増えるだけでなく、利益率の改善にもつながり、企業の成長を加速度的に促していくことができます。