» 「企業買収の目的」

買収目的

企業は存続しなければ意味がありませんが、存続するには成長していく必要があります。

そのため現在では成長戦略を達成するために、多くの企業がM&Aによる買収を取り入れています。

このM&Aによる買収には、どんな目的があり、どのような手法で実現させているのでしょうか。

M&Aによる買収の目的

M&Aによる買収には、大きく以下の目的に区分されます。

①事業領域の拡大

既存事業をベースにしながら、その領域を拡大していくためにM&Aを活用し、更なる成長につないでいく。

②新規事業分野への効率的な進出

新たな分野に進出する際、効率的な方法を取ることでリスクや時間を避け、確実に進出していくためにM&Aを活用し、ことで更なる成長につないでいく。

③成長スピードの加速

自社独力で成長する以上のスピードを得るためにM&Aを活用し、更なる成長につないでいく。

買収方法

買収の方法と目的

買収には色々な方法があり、それぞれに目的があります。

また一つの方法で、展開によっては幾つかの目的を同時に達成可能にできるものもあります。

代表的な方法と、その目的などを紹介します。

・業界再編を成長機会にする

業界再編が行われているタイミングなら買収も行ないやすく、買収を積極化することで、業界の中での地位確立と、成長スピードを加速させることができます。

・規模の経済につなぐ

企業買収を実施して企業規模が大きくなると、必然的に購買力が高まり、全ての原価を抑えられるようになります。そのため、利益率の改善が見込めるようになり、成長スピードを加速させることにつながっていきます。

・シェアの拡大

自社と同業種企業を買収することで、業界内でのシェアを拡大することができ、それが価格のコントロールだけでなく競争力をも備えることになり、成長スピードの加速につながっていきます。

・川上産業や川下産業への展開

事業領域を拡大する場合、同じ分野の川上産業や川下産業に拡大すれば、効果的なシナジー効果が期待できます。

例えば、小売業を展開するグループ企業が製造会社を買収すれば、川上産業の買収となります。

その場合、消費者のニーズを正確に把握しているのは小売業企業であり、その企業がニーズに合致した商品を製造することできるようになるため、ヒット商品を生みだせる可能性が高まります。

これは成長スピードの加速にもつながっていきます。

・人材の取得

拡大したい領域で、既に事業を展開している会社に優秀な人材がいることが見込めるのであれば、その企業を買収することで、ノウハウや技術などを持っている人材も含めて取得することが可能になります。

これにより買収した事業をスムーズに運営できます。

また、人材の中に優秀な人物がいれば、M&Aによって更なる成長機会も与えることができるため、今後の成長と会社への貢献などが期待されます。

これによって、会社そのものの成長スピードを速めることも可能になります。

・許認可、特許の取得

拡大しようとしている事業領域で、取得までに時間のかかる許認可や、新たに手に入れられない特許などは、保有している企業を買収することで取得することが可能になります。

これにより、事業領域の拡大につながっていきます。

・海外への進出

拡大しようとする事業領域が海外事業の場合、既にその国での法律やルール、人材などの課題を解決して事業運営している企業を買収すれば、事業領域の拡大と、新規事業分野への効率的な進出が可能になります。

・事業の取得

今まで経験が無い分野の事業を既に運営している企業を買収することで、ノウハウを持った人材も含めて取得できます。

これにより、自社独力で新規事業を立ち上げた場合のミスによる、時間や費用のロスがなくなるため、新規事業分野への効率的な進出と成長スピードの加速につながっていきます。

・隣接業種の買収

自社の業種と同じではないものの、似た業種の企業を買収することで、シナジー効果が見込めるようになります。

これにより、新規事業分野への効率的な進出が可能となります。

・他エリアへの進出

今までに経験のないエリアに進出しようとした場合に、そのエリアの企業を買収することで、新規事業分野への効率的な進出が可能となります。

・再生事業の活用

自社にとってシナジー効果が期待でき、なおかつ業績が悪化している企業を買収できれば、経営資源を投入して高収益に転換すれば、生産性の高い投資であるだけでなく、成長スピードを加速させることが可能となります。