» M&Aの効果

単独では不可能な事業の実現

M&Aの効果の中で最も大きなものが、自社単独では実現不可能な事業展開を実現できるということです。 本来、それほど事業展開できるだけのポテンシャルを持っていないにもかかわらず、M&Aを実施することによって、幅広く事業展開できるようになります。 その結果、企業の成長を加速化することにもつながっていきます。 市場シェアの拡大 … »

不足要素を解消

事業資金を豊富にしたい 事業資金が潤沢でなければ、新規事業に取り組むことはできません。 また資金繰りが悪化している場合、改善させたくても、今以上に借入金を増やすことができなければ資金調達のみに走り回ることになってしまい、経営に集中することはできません。 M&Aを活用して会社を大手企業などに譲渡すれば、その企業からの貸し … »

経営資源の効率投下が可能

不採算事業の排除による成長戦略 全事業のうち、一部の事業が不採算になってしまうと会社全体の利益は下がり、成長や財務基盤強化の足かせになってしまいます。 事業を継続する以上は人材や資金などの経営資源投下は必須ですが、経営資源には限りがあります。有効活用しながら最大限の成果を収めなくては、企業としての成長はあり得ません。 … »

後継者問題の解消

後継者の不在 2017年には団塊世代の経営者は70歳を迎えますが、交代率は低いままで、経営者の交代が進んでいないことが分かります。 中小企業白書2014によると、中規模企業で自分の代で廃業することもやむを得ないと考えている経営者の割合は5.4%で、そのなかの35.4%がそう考える前に事業承継を検討したと回答しています。 … »