» ベネッセ M&Aに5年間で1000億円を投資で考えたこと

2017年11月8日

インクグロウの照井です。

日本経済新聞の取材によると、ベネッセホールディングスが2022年度までの5年間でM&Aに約1000億円を投じる方針とのこと。

 

主力事業の教育や介護分野のさらなる成長につなげることと、新規事業の育成も目指すとのこと。

2段階で考えており、

1.18年から20年は教育・介護など既存事業の競争力の強化

2.それ意向は、第3柱 「生活・人材・健康」に関わる分野を候補 をあげたとのこと。

 

以下は私の私見ではあるが、特に、教育・介護業界はこれから、M&Aが活発化する業界の一つであると

思われる。M&Aが活発に起こるタイミングというのは、構造の変化が起きたり、行政の方針が変わった際

などに大きく起きる。

そのような意味では、「少子高齢化」という構造変化は確実に起こっており、教育産業はその構造変化の波を

一番に影響を受ける。その中で、生き残っていくためには、M&Aをして規模を大きくしておく必要があり、このようなタイミングで、業界再編が起きてくる。業界再編では、大概が大手4社に集中してくる。今まさに教育産業はこの過渡期にいるのだと思う。だからこそ、ベネッセはここで勝負をかけていくのだろう。また、介護業界では「介護報酬の見直し」などの問題がある。一方で確実にこれから人口が増える世代は高齢者である。ここの市場は

まだまだ成長の余地がある。また一方、日本が世界で最初に高齢化社会を迎えるので、ここで作ったモデルは、

輸出することができる。特に、中国などは、一人っ子政策をしていたこともあり、これから日本など比にならない

高齢化社会を迎えることとなってくる。その時に「日本式介護」を確立できれば、この分野で、世界的に競争力の高い企業をつくることができる。

 

この2業界のM&Aに我々も積極的にかかわっていき、最終的にはエンドユーザーが得をするような、そんな

支援をしていきたいと思う。

 

インクグロウ株式会社

取締役 照井 久雄

 

 

関連するその他のコラム