» 【M&Aニュース】村田製作所、指月電機製作所と資本業務提携

2016年9月25日

株式会社村田製作所(以下、「村田製作所」とする)および株式会社指月電機製作所(以下、 「指月電機製作所」とする)は、両社内において、資本業務提携契約の締結および指月電機製作所が保有する自己株式について村田製作所を割当先とする第三者割当(以下、「本件第三者割当」とする)による自己株式の処分(以下、「本自己株式処分」とする)並びに合弁会社 の設立を行うことを決定し、両社の間で資本業務提携契約を締結した。

以前より両社の独自性を確保しつつ経営資源の結集を図 り、共同でのマーケティング、商品開発、販売及び村田製作所が保有するセラミックコンデ ンサ技術と指月電機製作所が保有するフィルムコンデンサ技術を融合させた新素材の共同開発を推進してきた中で、当該新素材は、耐熱性に優れ、電気自動車の搭載システムの冷却機構の簡素化等に貢献でき、両社の更なる競争力強化に繋がるものとなった。 今回、2015 年の試作品で良好な結果が得られ、新商品開発に一定の目途がついたこと を踏まえ、2016 年年初から当該新素材の事業化の本格検討に入り、両社が今後の事業展開に 2 ついて協議した結果、両社グループが有する経営資源を結集し、競争力を有する付加価値の高い製品提供と高い収益性を両立して達成することを目的に、共同出資による合弁会社(以 下、「本合弁会社」といいます)の設立について合意した。 さらに、本合弁会社の設立に加え、両社のより強固な信頼関係を構築し、本合弁会社での 新製品展開を強力に推進することを目的とし、業務提携を平成28年9月16日に決定した。

村田製作所が指月電機製作所の保有する自己株式 3,900,000 株(1株563円で総額2,195,700,000 円)を本自己株式処分に より取得することで合意し、本自己株式処分後に、村田製作所が所有すること になる指月電機製作所普通株式の所有割合は、発行済株式総数に対して 13.52%となる。また、合弁会社の出資比率は村田製作所が65%、 指月電機製作所が35%となる。

 

リンクはこちら