» 【M&Aニュース】富士機械製造、朝日インテックと資本提携

2016年11月14日

平成28年11月11日、富士機械製造株式会社(証券コード:6134、以下、FUJI)は、朝日インテック株式会社(証券コード:7747、以下、朝日インテック)と、カテーテル治療分野における次世代医療機器に関する共同開発において、資本業務提携することに合意した。

 

FUJI は世界有数の産業用ロボットメーカーとして電子部品実装ロボットやロボット搬送システム を搭載した工作機械の製造販売を行っており、電子部品実装ロボットにおいては世界トップクラスの シェアを獲得している。本年度は工場内生産ラインの IoT や M2M を進めるシステム「Nexim」の リリースに伴い、FUJI Smart Factory 構想を推進している。

朝日インテックは、独自のステンレス加工技術などを活かして、血管内カテーテル治療を中 心とした医療機器などの開発・製造・販売を行っており、循環器系カテーテル治療に使用される PTCA ガイドワイヤーが国内トップシェアを獲得し、またグローバル規模でも高いシェアを獲得する などしている。

今回、これらの専門分野の異なる両社の各々の技術力と情報力の強みを活かすことで、カ テーテル治療分野における次世代医療機器を開発することを目的として、共同研究開発の提携を行う こととなった。また、この共同研究開発の提携による協力関係をより円滑にし、強化することを 目的として、資本業務提携を実施していく。

リンクはこちら