» 先行き不安

Case1 法律改正によって業容そのものが圧迫されてしまった

法律改正を 機会 と捉える企業の傘下に入ることを検討する

業界によって関わる法律が変わり、規制緩和が進んだり規制強化が進んだり、ということがあります。 例えば2006年に薬事法の改正がありました。薬剤師という国家資格を持つ人間がいなくとも、各県に届け出ることにより、一部のリスクの低い薬品については販売が認められるようになったのです。 この規制緩和により、ドラッグストア業界には … »

Case2 業界再編による競争力低下をM&Aで解決

業界再編の時は、資本力と競争力の高い企業の傘下に入る機会

業界再編によって、今までの市場占有率が明らかに変わり、競争力が高まる企業は多数あります。 近年の例では、高齢化社会の到来により医療費が高まってしまった製薬業界です。 患者数は増え続ける一方で、医療費の源泉である健康保険料支払額は減少しており、国の医療制度そのものが崩壊の危機にあります。 国は医療制度改革で保険点数を下げ … »

Case3 業界状況による先行き不安をM&Aで解決

業界全体が厳しく、光が見えない時は、勝ち組につくのが賢明

自社の業績悪化の原因が自社そのものではなく、その業容にある場合で、しかも今後も明るい材料がない場合、経営者が取るべき方策は多くありません。 例えば出版業界の場合、出版販売金額はピークを1996年に迎えましたが、2013年ではピーク時の約63%にしか達していません。 特に雑誌の売り上げが激減しており、週刊誌に至っては半分 … »

Case4 資金繰りの悩みをM&Aで解決

M&Aは資金繰りを根本的に解決しうる手段

事業運営に資金繰りは付き物ですが、何らかの事情で資金繰りが苦しくなってくると、経営者は金策に走り回らねばならないことになり、その結果事業そのものに時間を割くことができなくなってしまいます。 こんな例をご紹介しましょう。 ある経営者が自己資金は少ないながらも、借入金で補い、飲食店をオープンしました。 人気の食材で、本来は … »

Case5 業績の悪化をM&Aで解決

業績回復が見込めなければ、早目の譲渡判断を

業績UPは企業の大命題であり、十分な計画に基づいて事業展開すべきものですが、何らかの事情で準備不足のまま見切り発車してしまったり、戦略的な事業構想が立案できていない場合などは、思いの他苦戦し、業績が悪化する場合もあります。 ある建設関連企業の経営者の例をご紹介します。 この経営者に飲食業を営む友人がいました。 ある日、 … »