» 後継者不在

Case1 近親者に後継者がいない悩みをM&Aで解決

社員や取引先のWINと、創業者利益の獲得を目指すならM&Aを考えるべき

創業者が一代で会社を大きくしたものの、子供はおらず、親戚にも継いでもらえそうな人物がいないなど、後継者が見つからずどうしたら良いか悩んでいらっしゃる経営者の方は多くいらっしゃいます。 後継者問題は近年の大きな問題ですが、このような例があります。 創業者が一代で築きあげた建設会社の例です。 建設業界全体が不況に喘ぐ中、こ … »

Case2 社員への継承問題をM&Aで解決

従業員に引き継ぐためのハードルを予め理解し、やるなら決意と早目の準備を

身内に後継者が見つからず、長年共に苦労してくれた従業員なら会社を任せても安心だとお考えの経営者の方は多くいらっしゃるでしょう。 確かに長年一緒に働いてきた従業員なら、事業についての考え方も理解してくれているでしょうし、経験もあります。 任せられるとお考えになるのも分かります。 ですが、現実的な問題としてこんな例がありま … »

Case3 後継者不在をM&Aで解決(会社清算とM&Aの違い)

時間をかけて蓄積した実績や技術、信用を欲しがる企業は多い

後継者がいないからといってすぐに廃業と決め付けてしまうのは早計です。 廃業には多くのリスクとデメリットがあることを理解しておかなくてはなりません。 ある自動車部品製造会社の実例です。 その会社はある自動車メーカーの内燃関連パーツを製造しており、創業以来ずっとそのメーカーの部品だけを作り続けてきました。 金融機関からの借 … »

Case4 リタイア後の事業継続をM&Aで解決

万が一を考えるなら、経営方針や技術まで承継できる企業を探してみる

中小企業では代表者がすなわち企業そのものと言える場合がほとんどでしょう。 それが個性となり、業績を支えているのです。 しかしながら代表者の健康問題が見つかった場合、どうすれば良いのでしょうか。 都内のある和菓子店のケースをご紹介します。 創業から30年以上になる和菓子店で、評判も上々だったので、現在では2店舗を経営して … »

Case5 事業の継続問題をM&Aで解決

事業を続けられない理由が業績悪化でないなら、有利な条件で譲渡できる可能性がある

本当は事業を続けたいと思っていても、家庭内の事情でどうしても事業経営を続けられなくなってしまうケースもあります。 特に中小企業の場合は経営者が会社そのものであり、経営者が仕事をできなくなると組織として機能しなくなる場合があります。 例えばある洋菓子チェーン店の場合です。 経営者は洋菓子造りに長年心血を注いできて、今では … »