» 経営資源活用

Case1 不採算店の整理をM&Aで解決

不採算店にかける経営資源を、好調な店に回す方が企業の成長に貢献する場合がある

事業で数店舗を運営していると、店舗によって好調な店舗とあまり業績が良くない店舗が出てくることはよくあることです。 立地条件や客層の違いなどが影響してくるだけでなく、各店舗の雰囲気や従業員の接客などが原因の場合もあるでしょう。 もちろん業績を向上させるために店舗責任者だけでなく、経営陣も何らかの改善策を講じるべきですが、 … »

Case2 エリアを限定した事業に集中できるようM&Aを活用

戦略的に注力するエリアに資源を集中させるため、他エリアを譲渡する

事業内容が定まっていても、展開エリアが広範囲にわたる場合、どうしても好不調のエリアが出てきます。 また、地理的条件や競合企業の有無も関わってくるでしょう。 こんな例があります。 楽天株式会社が国内依存から脱却するために、米ECサイト集客支援サービス「イーベイツ」や、米電子図書館事業「オーバードライブ」など、海外企業の買 … »

Case3 コア事業に集中するためM&Aを活用

自社にとっては優先順位が低くても、他社では魅力的な事業であることも多い

現在は多角的に事業展開していても、今後それぞれの事業を取り巻く環境を考えると、必然的に事業に注力すべき優先順位ができてきます。 それは、市場分析がしっかりできている証拠でもあり、経営者として当然あるべきことでしょう。 ある地域密着型のスーパーマーケットの例をご紹介します。 そのスーパーマーケットは先代の社長であり創業者 … »

Case4 新規事業の資金作りをM&Aで解決

既存事業を売却した資金で、新規事業に取り組むことも成長戦略の一つ

事業を経営している方は、現在展開している事業の業界のみならず、他業界の動きや消費者動向なども常に敏感に感じ取っています。 そのせいか、今まで展開していた事業と全く違う業界にビジネスチャンスを発見し、事業として取り組んでみたいと考える方が多くいらっしゃいます。 ご紹介するのはもつ焼「エビス参」のケースです。 国内直営全8 … »

Case5 経営資源の集中と事業の拡大のためにM&Aを活用

M&Aは選択と集中における応答手段

事業を拡大させていくためには、どうしても経営資源が必要になりますが、経営資源には限りがあります。 いくつかの事業を展開している場合、その中でも今後期待できると思われる事業があるのなら、限られた経営資源を集中的に投入する必要があります。 そのために現在は業績を上げている事業であっても、今後あまり期待できない、もしくは効率 … »