» 事業領域拡大

Case1 事業領域拡大のスピード化をM&Aで実現

会社や事業を買収すれば、事業拡大のスピードを効率的・効果的に上げられる

事業を少しでも早く拡大させる方法は、経営者なら誰でもが常に模索しているはずです。 そして効果的で効率的な手法があればすぐにでも取り掛かりたいと考えるのが当然でしょう。 しかしながら、そのような効率的で効果的な手法は多くはありません。 カラオケ店や「すためし」などの飲食店を展開するマックグループの例を紹介します。 マック … »

Case2 川上・川下・横展開をM&Aによるシナジー効果で効率化

領域拡大は、M&Aを活用すれば時間とコストが大幅に削減できる

企業が拡大を目指していく時、現在の自社のポジションからより消費者に遠いポジションにある川上産業へ、そしてより消費者に近い川下産業に拡大していくことは、業界の流れや仕組み、そして事情や状況などを把握しているために比較的多く行われており、取り組みやすい拡大と言えます。 ただし、業界の今後に行き詰まりを感じており、横への拡大 … »

Case3 優秀な人材獲得をM&Aで実現

M&Aを活用すると、人材はもちろん、ブランドや店舗、顧客まで手に入れることができる

経営者が自社の将来を見据えた時、今後はある事業領域を拡充させていかねばならないと考えても、実際にはその事業領域に精通し、ノウハウを持っている人物を見つけなければ成功に導くことはできません。 そしてその人材が事業の成否の鍵を握っているとも言えます。 ある美容院グループの例を紹介します。 この会社は単なる美容院としてだけで … »

Case4 時間のかかる許認可、不可能な特許の取得をM&Aで解決

許認可や特許を持つ企業を買収すれば、ブランド力や顧客も含めて獲得できる

企業が新規事業に取り組む際、その事業の展開にはどうしても許認可や特許が不可欠な場合があります。 一般的に特許は特定の組織などが保有しており、使用するためには保有者の許可が必要になる場合がほとんどです。また許認可は申請してから取得までに相当な時間がかかります。 この取得および使用に際して大変な許認可や特許がなければ事業運 … »

Case5 海外進出のための課題をM&Aで解決

海外の法律、ルール、人材など様々な課題が予め解決された状態の企業を買収する

日本の市場だけでは将来的に停滞することやいずれ限界が訪れることが予測される場合、海外に活路を求めるのは企業として当然の姿でしょう。 しかしながら、海外にはそれぞれ現地の法律やルール、習慣などがあり、これらを知らずに事業は展開できません。 また日本から社員を現地に派遣して人材をカバーすることは非効率的であり、現地での人材 … »