» 新分野進出

Case1 新規事業を人材含め事業ごとM&Aにより獲得

既に当該分野事業を運営している企業を、人材と共に買収すれば早く確実に進出できる

今までの事業分野だけでなく、シナジー効果が期待できる新しい業態の事業に進出していこうと考えた際、必要なのは新業態に関する情報やノウハウ、人材などです。 当然ながらこれらは容易に入手できるものではありません。 仮に入手できたとしても相当な時間や労力が必要になります。 ではどのような方法で入手するのが効率的で効果的なのでし … »

Case2 新規事業構築にかかる資源をM&Aにより解決

自力で新規事業を作るより、早く、そしてリスクも少ないM&A

企業が新たな業態に進出するには、どうしても時間がかかります。 その業態に必要なノウハウと情報を集めることから始まり、人材を集め、販売ルートなどが確保できなければ新業態には到底取り組むことはできません。 これだけのものを準備しておくためには、膨大なコストや時間と言った経営資源が必要になります。 では、どんな場合でもこれら … »

Case3 シナジーが見込める企業買収をM&Aで実現

隣接業種に進出する場合、シナジー効果の見込める企業を買収するのが効率的

企業が自社の事業領域を拡大する際、まず最初に考えるのは自社事業と隣接した業種への事業進出でしょう。 比較的なじみがあり、ある程度の情報や知識もあるため、取り組みやすさはありますが、実際に事業展開するとなると、難問が山積みです。 ノウハウはもちろん、人材や情報以外にも、販売ルートが本来の事業と異なる場合にはその確保も必要 … »

Case4 新規事業、親族への事業配分のため企業買収をM&Aで実現

二代目が新規事業を興す場合や、次男、三男のために創業する場合にはM&Aが効率的

創業者が興した事業を軌道に乗せ、その後、子供である二代目に事業を譲った時、二代目社長が新しい事業を積極的に展開するケースが多く見られます。 創業者の事業戦略に対する疑問や会社拡大への意欲、興味があるものの違い、そして時代の変化によって今後期待できる事業かどうかという要素などもあるでしょう。 いずれの場合も、二代目社長と … »

Case5 スタート時点でノウハウを持った人材獲得もできるM&A

事業分野のノウハウを持った人材ごと取得することが効率的な事業展開につながる

企業にとって新規事業を展開することは会社の今後に関わる重要な戦略です。 しかしながら新規事業に分野を広げる際には、その分野の情報やノウハウ、人材などが無ければ事業が軌道に乗るまでに時間と費用が膨大にかかってしまいます。 これでは、どれほどの経営資源を投入すれば良いのか分からず、効率的ではありません。 新規事業に進出する … »

Case6 新規事業を海外で実現するためM&Aを活用

海外の法律や販売ルート、人材など、既に課題が解決された企業を買収するのが効率的

市場を日本国内だけに限定していた場合、国内での需要が頭打ちになったり、今後競争が激化することが予想されるなど、厳しい状態になることがあるかもしれません。 そんな場合に、海外での新規事業に可能性があるなら、どんな経営者でも海外進出を考えるでしょう。 ですが、海外での新規事業展開には様々なハードルがあります。 まず事業その … »