» 成長スピード加速

Case1 事業構築の手間をM&Aで削減

事業を立ち上げるまでに繰り返す失敗と成長までの時間を代替できる

企業が存続していくためには成長していかなくてはなりません。 成長なくして存続はあり得ないからです。 そして、その成長の速度が速いか遅いかはその戦略に左右されています。 早い成長を考える場合、既存の事業を拡大させることも重要ですが、新たな事業を立ち上げること、そしていかに早く軌道に乗せるかも重要な戦略と言えます。 新規事 … »

Case2 売上、利益の積み上げによる成長加速をM&Aで実現

早く軌道に乗せられるので、買収先の売上・利益をそのまま積上げることができる

どのような業種であっても、自社で独自に新規事業を立ち上げた際には、その業態に対するノウハウや情報、人材などが不足しているため、立ち上げまでに時間がかかってしまいます。 また立ち上げてからも、顧客を獲得し、拡大させていくには時間がかかり、利益を確保できるには相当な時間がかかるのが常です。 この時間をもっと短縮できれば、早 … »

Case3 他地域への進出をM&Aで効率的に実現

他地域への進出を効率的に実施可能

事業の対象エリアが決まっている場合、企業が成長するために最初に着手しやすいのは、新たなエリアでの事業展開でしょう。 しかしながら、今までと同じ業態で新たな地域に展開させることは、それほど容易ではありません。 例え創業してから長期間経っていて、商圏エリアでは知名度が高くても、全く新たな地域になると同様の知名度は期待できま … »

Case4 川上、川下展開を加速、成功へ導くM&A

川上・川下への進出でヒット商品創出の可能性は高まるが、ノウハウを持つ企業取得が鍵

企業が自社の事業の川上・川下産業に進出したいと考えるのは、企業そのものが拡大していく過程においては当然のことかもしれません。 本来事業で関わっている商品や素材、サービスなどの良いところや悪いところ、ニーズも理解しています。 そのため、もっと品質の良いものや、安いもの、ニーズにあったものを提供できるはずだと考えるからです … »

Case5 業界再編の波をM&Aで乗り切る

業界再編時には、勝ち組に残るためにも買収を積極化させ、会社を早く成長させる

国の政策や外的要因などによって業界そのものが再編に向けて動き出すことは、日本でも過去に何度もありました。 製薬業界、学習塾、薬局など多くの例があるので、ご存知でしょう。 業界再編は、その業界で事業を展開する企業の生き残りをかけた戦いでもありますが、それは一方で勝ち組になる機会として活用できるのです。 ある全国規模の調剤 … »

Case6 M&Aによる事業規模拡大で利益率向上を実現

買収で事業規模を大きくすると購買力も上がり、全体としての利益率改善が見込める

企業が自身の成長のために事業規模を大きくする、例えば店舗数などを増やしていく場合には、総売上げやブランド力、認知度などのアップを狙って行ないますが、それ以外にも大きなメリットがあります。 それが利益率の改善です。 事業規模そのものが大きくなれば、何かを購買するにしても数量が大きくなります。 すると値引き額も大きくなるた … »

Case7 M&Aで事業発展に必要な優秀な人材を獲得

M&Aで人材ごと取得可能で、会社を更に発展させてくれる人を獲得できる

企業にとって人材は不可欠で、人材無しに企業の成長はあり得ません。 更に、能力があり展開事業分野でのノウハウなどを持っている人材は貴重で、企業の成長速度に大きく影響するのもこのような人材です。 仮に優れた人材であっても、ノウハウはそれまでの業種や職種、職域、経験などによるため、畑違いの人材に新たなノウハウやスキルを持って … »

Case8 M&Aによりシェアの拡大を実現

買収によって効率的にシェアを拡大でき、それが会社の成長スピードを速める

企業が成長していくためには、現在の事業分野の中でシェアを拡大させていくか、新たな事業に取り組む、もしくは市場を開拓して更なる売上げを獲得するしかありません。 シェア拡大は市場の支配力を高め、価格面でも支配力を持ち、売上げや利益を向上させる効果があるため、どの企業もシェア拡大に向けた努力を怠っていません。 しかしながらシ … »

Case9 M&Aによる事業再生で生産性の高い投資を実現

業績の悪い企業は安価で買収でき、高収益に変えれば生産性の高い投資になる

会社の事業や技術に先進性や優位性、特別感などがあっても、何らかの事情で業績が悪化することがあります。 会社内部に大きな問題がなくても、外的要因などで悪化するケースもあるでしょう。 そんな場合、その会社の技術やノウハウなどを取り込むことができれば、自社の成長を加速させることができます。 都市部に数十店の店舗を持つ、ある大 … »