» 「譲渡に際しての留意点」

譲渡企業にとってM&Aは、買い手企業がいるからこそ成立するものです。

買い手企業がこの会社を買収しようと意思決定するためには、どのような点に留意しておけばスムーズにM&Aが進むのかを記述します。

売却タイミングは重要

業界によって、M&Aが頻繁に行われるタイミングや、収束してしまうタイミングがあります。

法令や社会環境によって業界再編が行われたりする場合などは、一時的に頻繁にM&Aが行われますが、環境が変わったりすると一気に収束してしまいます。

このような場合、再編のタイミングを逃してしまうと、M&Aが成立しづらくなってしまいます。

また業績が好調な時は、買い手企業も関心を示しますが、業績が落ちてくるとM&Aが成立しづらくなってしまいます。

他にも、経営者の持つノウハウや技術などが買い手企業にとって魅力的だった場合、経営者が何らかの理由で業務ができなくなると、途端に魅力が半減してしまうことも否めません。

そなわち、譲渡を考えている企業にとって、売却するタイミングによっては企業価値が変わってしまうことを理解しておかなくてはなりません。

実情把握

会社の実状を把握しておく

買い手企業は、譲渡企業の実状を正確に把握し、買収することで生じるメリットもデメリットも理解したうえで行うのがM&Aです。

そのためM&Aの過程で行なう監査によって、全てのことが明らかになってしまいます。

譲渡企業が自社の実状を正確に把握できていなければ、その事実も明らかになります。

また不利な実状があった場合に、その事実を隠していれば、そのことまで明らかになってしまうだけでなく、買い手企業の心証を悪くしてしまいます。

譲渡企業の経営者は会社の実状を全て把握したうえで、開示しなくてはならないタイミングがあることを理解しておいてください。

売却の意志や条件が揺らがない

M&Aによる譲渡を決意するまでは、十分な検討が必要であり、それに付帯した条件も熟考する必要があります。

しかしながら譲渡を決意された場合には、そのために行動していかなくてはなりませんし、話す度に売却の意志が揺らいでしまうと、買い手企業は買収を検討できません。

また譲渡の条件も、譲れない条件と、状況によっては譲っても構わない条件を明確に決めておけば交渉が進めやすくなります。

自社の個性を理解しておく

どんな企業にも必ず個性、すなわち強みや弱みになる特徴があります。

例えば、他社にはないノウハウや技術などはあるが、営業力が劣るなどです。

買い手企業は、成長戦略の一手としてM&Aを考えていますので、そのために必要な個性を理解したうえで求めているはずです。

譲渡企業側はこれらのことを理解し、自社の個性をアピールすれば、M&Aの成立につながっていくでしょう。

M&A仲介会社への依頼

多くの企業ではM&Aは初めての経験であり、何をどう進めていけば良いのかさえ分からないと思います。

M&A会社依頼

M&A検討の事実を知られないようにして、買い手企業を探すことも不可能です。

仮に、知り合いの会社に譲渡する場合でも、詳しい手続きや契約には専門的な知識も必要であり、これをおろそかにすると後々のトラブルの原因にもなりかねません。

M&A仲介会社に依頼すれば、豊富な知識と経験でM&Aを円滑に進めてくれるはずです。

M&Aを検討する場合には、M&A仲介会社に依頼することをお勧めします。