» クックパッド元代表のTOBによりオウチーノは再成長するのか

テーマクックパッド創業者によるオウチーノ買収について

2016年10月、ある会社株式のTOB(公開買い付け)が発表されました。

不動産情報サイトを運営するオウチーノ(証券コード:6084)が、クックパッドの前社長穐田誉輝氏が同社の株式のTOBを表明し、同社がその買い付けに応じました。

このTOBの理由は何か、今後どの様に進展していくのか、そもそも、TOBとは何か。一見難しく、M&Aと言えばこのTOBを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

今回もプロの視点から切り込んで参ります!!

「クックパッド元代表のTOBによりオウチーノは再成長するのか」

2017年2月15日
照井 久雄

中小企業診断士

インクグロウ株式会社 取締役 事業戦略部長
中小企業診断士
1978年7月生まれ
経営コンサルタントとして提携フランチャイズ本部の立ち上げをした後、証券会社で公開引受業務や中堅中小企業の資金調達の支援を行う。
その後、中小企業を中心としたM&A業務に従事し、2013年にインクグロウ株式会社に入社。現職として数多くのM&Aを成功に導く。

平成28年10月28日、龝田誉輝氏(以下「龝田氏」と記載します。)による株式会社オウチーノのTOBが発表されました。まずここで龝田氏の経歴についてみていきたいと思います。

 


龝田氏の経歴

現在のジャフコに1993年に入社し、1999年に、ベンチャー投資する企業を設立。カカクコムなどに投資。

その後、2001年にカカクコムの創業者である槙野氏に代わり代表取締役に就任。当時カカクコムも投資していた、クックパッドの社外取締役に2007年に就任。2012年には、クックパッドの代表執行役兼取締役に就任した。クックパッドを多角化にて成長に成功。2016年にクックパッドの創業者である佐野氏と経営方針を巡り対立。代表執行役を退任して、執行役兼取締役となった。これにより、実質的には、クックパッドの経営からは退く。

 


さて、今回の、オウチーノの買収についてみていきたいとと思います。

オウチーノの業績推移について

 

平成25年12月期1,629百万円 平成26年12月期1,534百万円 平成27年12月期 1,522百万円 経常利益では、145百万円、-128百万円、-27百万円となっております。

業績の推移をみていても、思ったような成長が出来ず、直近2期は赤字に陥っております。

このような中、オウチーノとしては、自社の成長戦略を描く際にどの戦略をとるべきかということで今回のTOBに至ったと思われます。

 

開示文書の中では以下のように表現されております。

 


当社は、平成 26 年 12 月期及び平成 27 年 12 月期の2期連続で当期純損失を 計上する中で、メディアビジネスとしての再成長を図る上での有効な事業・資本提携 の事業パートナーについて、穐田氏個人を含む様々な業種業態の企業や個人と事業・ 資本提携の可能性について模索・検討してまいりました。その結果、「2.募集及び処 分の目的及び理由」「(1)本取引の目的」に記載のとおり、(i)穐田氏の株主・投資家 としての視点を活かした助言・指導が期待できること、(ii)当社における人材強化を 図ることが可能となると考えられること、(iii)顧問候補者らによる当社の経営及び事 業に対する支援が期待できることを踏まえ、当社としては、住宅・不動産関連ポータ ル事業の事業価値の向上及び収益力やブランド力の強化が図れること、ひいては、中 長期的な当社の企業価値の向上を実現することが可能になることから、穐田氏らから 出資を受けた上で当社の事業活動に対する支援を受けることが最善の選択肢であると 16 判断しました。 そして、穐田氏らからは当社が中核事業として住宅・不動産関連ポータル事業に中 長期的に注力する体制を早期に構築し、再成長に向けて収益力の強化を図るという方 針のもとで事業活動に取り組んでいることについて理解をいただき、本第三者割当の 引受及び本公開買付けの実施について合意に至ったことから、今回の割当予定先とし て選定するに至りました。(平成28年10月28日 第三者割当による新株式発行及び自己株式の処分に関するお知らせ から引用)


株価への影響

本IRをした平成28年10月28日の終値が 802円でした。次営業日から株価は上がり続け、平成28年11月7日には、終値で2,765円をつけました。それだけ、今回の龝田氏をはじめとして、旧クックパッドの執行役員陣の経営手腕に期待が集まったということだと思います。平成29年2月14日の終値は、4,000円となり、今回のIR発表前の約5倍となりました。

 

平成28年12月期の決算が平成29年2月14日に決算短信にて開示されました。

その結果は、

売上高 1,108百万円 経常利益 -132百万円 となっており、減収減益となっております。主な理由としては、効率的なサイト運営を目指したプラットフォーム の再構築等の大幅な遅れから収益性が低下し、最優先課題であった住宅・不動産関連ポータル事業の再成長のため の取り組みでは苦戦を強いられたとしております。

ここまでは、旧運営体制にて行われており、平成29年3月29日の株主総会後に新経営陣が陣頭指揮をとりオウチーノの業績回復に努めていくこととなります。

 

新代表が誰になるかも含め今後のオウチーノについては注目であります。

その他専門家コラム

  • 「オウチーノの『決断』~なぜTOBに応じたのか~」

    花澤健司

    公認会計士

    大手監査法人で会計監査業務および会計アドバイザリー(IPO、企業価値評価、企業再生及びM&Aのための財務デューデリジェンス)の業務に従事したほか、PE Fundおよび不動産ファンドに対して、M&Aアドバイス及び会計スキーム構築アドバイス、内部統制アドバイスに行った。2012年1月より独立開業、バイオベンチャーのCFOや資金調達支援といったコンサルティング以外の業務も積極的に行っている。

  • 「クックパッド前経営者によるオウチーノ買収―その法律と税務を解説」

    小林幸与

    弁護士・税理士

    明治大学法学部卒業後の昭和61年から弁護士活動開始。結婚出産子育てを経て、平成9年より豊島区池袋にて弁護士活動を再開。その後、東京税理士会に登録して税務分野に拡大。法人化を機会に平成26年東京銀座に進出。現在は、弁護士法人リーガル東京と税理士法人リーガル東京の代表として、銀座本店と池袋支店で弁護士5名・税理士2名の体制にて、相続税務や事業承継を含む相続全般・不動産関係に特化した事務所を経営する。

  • 「オウチーノ買収を例にした公開買付けと第三者割当増資を組み合わせた取引の留意点」

    松本甚之助

    弁護士

    2006年弁護士登録、2012年アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士登録。クロスボーダーM&Aを含むM&A案件と国際取引、国際紛争、国際倒産処理手続等の渉外案件を中心に取り扱う。現在三宅坂総合法律事務所のパートナーとして、国内案件のみならずASEAN諸国や中国・インドなどにおけるクロスボーダーM&A等提携取引の事例と相談を多く手がけている。

  • 「「クックパッド前代表取締役によるオウチーノ買収」」

    飯島康央

    弁護士

    弁護士 飯島康央
    紀尾井町法律事務所所属。2000年4月弁護士登録。2015年度第二東京弁護士会副会長。2015年6月からパルシステム生活協同組合連合会員外監事を務めています。
    離婚や相続問題、交通事故や消費者事件などの他、企業間の法的トラブルに関する訴訟事件や契約書の作成、審査、債権回収、労務問題など、中小企業の法務支援にも力を注いでいます。