» ドン・キホーテHD、ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーの株式取得について

テーマドンキホーテHD、ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーに40%出資

 

 

株式会社ドンキホーテホールディングスとユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社は、両社の業務提携に向けた検討を行っていたが、両社グループの強み・ノウハウを活かした両社事業の強化を目的として、平成29年8月31日に業務提携、及びユニー・ファミリーマートホールディングスの100%子会社であるユニー株式の一部をドンキホーテホールディングスに譲渡することを内容とした資本提携を行うと発表した。

本件について両社それぞれの視点で考察いたします。

「ドン・キホーテHD、ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーの株式取得について」

2017年10月10日
飯島康央

弁護士
弁護士 飯島康央 紀尾井町法律事務所所属。2000年4月弁護士登録。2015年度第二東京弁護士会副会長。2015年6月からパルシステム生活協同組合連合会員外監事を務めています。 離婚や相続問題、交通事故や消費者事件などの他、企業間の法的トラブルに関する訴訟事件や契約書の作成、審査、債権回収、労務問題など、中小企業の法務支援にも力を注いでいます。

 

 

1 はじめに

流通大手のユニー・ファミリーマートホールディングスは、傘下の総合スーパーであるユニー(株)が、ディスカウントストア大手のドン・キホーテホールディングスから40%の出資を受け入れ、資本業務提携に合意したと発表しました。

今回の資本業務提携は、総合スーパーやコンビニエンスストアを運営するユニー・ファミリーマートHDにとって、また、ドン・キホーテHDにとってどのような意味があるのかを探っていきます。

 

 

2 ユニー(株)の株式を取得する法的意味

  今回の資本提携の内容は、ドン・キホーテHDがユニー(株)の株式40%を取得するというものであり、その親会社であるユニー・ファミリーマートHD(株)自体の株式を取得する資本提携ではありません。

  すなわち、ドン・キホーテHDは、子会社であるユニー(株)の株主権を行使することができるにすぎず、親会社であるユニー・ファミリーマートHDの意思決定には参画できないこととなります。しかも、取得株式は40%と過半数には届かないため、ユニー(株)の株主総会における普通議決事項について事実上決定権はないこととなります。

したがって、ドン・キホーテHDとユニー・ファミリーマートHDとの資本提携は、法律的には緩やかな資本提携関係にあると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 ユニー・ファミリーマートHDの意図

  ユニー・ファミリーマートHDにとっての本件資本業務提携の意味は、まずは、ユニーが運営する総合スーパーである「アピタ」や「ピアゴ」の立て直しにあるようです。

  総合スーパーは、バブル崩壊後、消費者の多様性や低価格志向に対応することが難しくなり、どの総合スーパーも売上高は減少傾向にあります。総合スーパーの大手であるイオンやイトーヨーカ堂も苦戦が続いており、ユニーが運営する「アピタ」や「ピアゴ」もその例外ではありません。

  そのような状況において、ユニー・ファミリーマートは、本件資本提携により、ドン・キホーテの有するディスカウントストア事業の独自の強みやノウハウを生かして、総合スーパーの立て直しを図ることを期待していると言えます。実際に、ドン・キホーテは、2007年に長崎屋を買収し、「MEGAドン・キホーテ」として再生させた実績があり、総合スーパーの立て直しには一定のノウハウを有しているといえるでしょう。

さらに、本件資本業務提携は、コンビニエンス事業の拡大をも目指していると言えます。コンビニ業界においては、セブンイレブンが店舗数約1万9000店、ファミリーマートが約1万8000店と店舗数にあまり差はなくなってきましたが、売上高はセブンイレブンが突出しています。しかも、コンビニ市場は飽和状態にあると言われており、今後、大幅に店舗数を増やすことで売上高を伸ばすことは困難な状況にあるようです。とすると、今後収益を上げるためには、あらたな商品開発によって魅力ある商品を販売し、1店舗あたりの売上高を上げることが必要となります。そこで、数多くの独自商品を開発したドン・キホーテのノウハウを吸収することで、コンビニ業界において新たな魅力ある商品を販売し、コンビニエンス事業を拡大することを目指していると言えます。

 

4 ドン・キホーテHDの意図

  他方、ドン・キホーテHDにとっても、ユニーの運営する総合スーパーやファミリーマートの有する店舗数は非常に魅力的であると言えます。閉店が予定されている「アピタ」や「ピアゴ」の数店舗をドン・キホーテが活用して店舗数を増大させることができるのみならず、全国約1万8000店舗を有するファミリーマートにおける独自商品の販売により、更なる売り上げ増加を図ることが期待できるからです。

前述のように、ドン・キホーテHDがユニー・ファミリーマートHDの経営に直接参画することはできませんが、ドン・キホーテが今後さらに発展することが期待できる資本業務提携であるといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 まとめ

今回の資本業務提携は、ドン・キホーテがユニー・ファミリーマートHD完全子会社であるユニー(株)の株式を取得する方法であって、親会社であるユニー・ファミリーマートHD自体の株式を取得した資本提携ではありません。その意味では、比較的緩やかな資本提携関係であると言えます。

しかし、このような資本提携でも、お互いの強みやノウハウを生かして自身の弱みを解消し、相互に事業を拡大することが可能になると考えられます。

これからドン・キホーテとユニー・ファミリーマートの関係がさらに発展していくのか、今後の両社の動向を注目します。

以上

その他専門家コラム

  • 「ドンキHDによるGMSのドンキ化 ~ユニーとドンキHDの資本提携の目的~」

    中野友貴

    弁護士

    クレア法律事務所所属弁護士。 2010年慶応義塾大学総合政策学部卒業、2012年北海道大学法科大学院卒業。ベンチャー企業支援を主な業務とする現事務所に所属し、法務デューデリジェンス、契約書の作成・審査、サービスの適法性審査など、ベンチャー企業にかかわる法務支援を総合的に取り扱う。 著書として『IoTビジネスを成功させるための法務入門』(第一法規株式会社)。

  • 「ドンキホーテとユニーファミマの資本業務提携の意味とは」

    小林幸与

    弁護士・税理士

    明治大学法学部卒業後の昭和61年から弁護士活動開始。結婚出産子育てを経て、平成9年より豊島区池袋にて弁護士活動を再開。その後、東京税理士会に登録して税務分野に拡大。法人化を機会に平成26年東京銀座に進出。現在は、弁護士法人リーガル東京と税理士法人リーガル東京の代表として、銀座本店と池袋支店で弁護士5名・税理士2名の体制にて、相続税務や事業承継を含む相続全般・不動産関係に特化した事務所を経営する。

  • 「ドンキHDによるGMSのドンキ化 ~ユニーとドンキHDの資本提携の目的~」

    中野友貴

    弁護士

    クレア法律事務所所属弁護士。 2010年慶応義塾大学総合政策学部卒業、2012年北海道大学法科大学院卒業。ベンチャー企業支援を主な業務とする現事務所に所属し、法務デューデリジェンス、契約書の作成・審査、サービスの適法性審査など、ベンチャー企業にかかわる法務支援を総合的に取り扱う。 著書として『IoTビジネスを成功させるための法務入門』(第一法規株式会社)。

  • 「ドンキホーテとユニーファミマの資本業務提携の意味とは」

    小林幸与

    弁護士・税理士

    明治大学法学部卒業後の昭和61年から弁護士活動開始。結婚出産子育てを経て、平成9年より豊島区池袋にて弁護士活動を再開。その後、東京税理士会に登録して税務分野に拡大。法人化を機会に平成26年東京銀座に進出。現在は、弁護士法人リーガル東京と税理士法人リーガル東京の代表として、銀座本店と池袋支店で弁護士5名・税理士2名の体制にて、相続税務や事業承継を含む相続全般・不動産関係に特化した事務所を経営する。