プロコメ

ダイヤモンドダイニングのM&A戦略

ダイヤモンドダイニングは、2017年6月1日、商業藝術の全株式を取得し、子会社化することを発表した。取得価格は18億円。ダイヤモンドダイニンググループは、飲食事業を中心にアミューズメント事業やウェディング事業へも事業領域を拡大している。商業藝術を子会社することで、双方が持つブランドやこれまでに培ってきた業態開発ノウハウ … »

カルチュア・コンビニエンス・クラブによる徳間書店買収について

2017年3月21日、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは3月21日付で徳間書店を買収した、と発表しました。 株式の保有比率を15%から97%まで引き上げたと発表されています。 このM&Aの目的や中身について考察します。 … »

セブン&アイ・ホールディングスが米国のコンビニエンスストア事業などを買収

2017年4月6日、セブン&アイ・ホールディングスは、米国の連結子会社を通じて、Sunoco LP社からコンビニエンス事業とガソリンスタンド事業の一部を取得する、と発表しました。 取得対象となる事業の店舗数は1100店舗以上となり、米国事業会社の中期目標である31年度までの1万店舗達成に向けて、大きな弾みとなると考えら … »

ソレキアをめぐる 富士通とフリージアマクロスとのTOB合戦

平成29年2月3日にフリージアマクロス社がソレキア社に対してTOB実施を届け出。同年3月10日には、ソレキア社が本TOBについて反対を表明。同年3月16日に富士通がTOBを届出。ソレキア社は富士通のTOBに対して賛同を表明。その後両社によるTOB価格を両社が競う形で価格が上昇した。 その結果、平成29年5月23日に富士 … »

グリーによる3ミニッツ買収

2017年2月2日、グリー株式会社は動画メディアや動画マーケティングなどを手がける株式会社3ミニッツの株式を取得し、子会社化することを発表しました。取得価額は43億円。業績連動型のアーンアウト方式を採用しており、3ミニッツの今後3年度の決算数値に応じて追加代金が発生する可能性があるとしています。 今回は何故グリーが3ミ … »

日本電産のM&Aに迫る

今回は日本電産のM&Aについて迫っていきます。 このところ、M&Aを手掛けた多くの企業が減損を出していますが、 今回紹介する日本電産は減損を出さずにM&A後も企業運営をしています。 この理由、日本電産がM&A巧者言われるゆえんについて迫っていきます。 … »

セプテーニHD、CAMPFIREと資本・業務提携契約締結

2017年1月10日、株式会社セプテーニ・ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 光紀、証券コード:4293)は、株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入 一真)と資本・業務提携契約を締結しました。 この資本業務提携で、CAMPFIREが第三者割当増資による新株式を発行し、その一部 … »

日本を代表する企業、東芝の今後の行方は

日本を代表する企業である東芝が窮地に立たされています。 米原発事業を展開する子会社のWH社を破産させることが決まり、そこからの止血が決まったものの、およそ1兆円と推定される赤字を計上し、大幅な債務超過に陥る見込みです。 一部事業会社の売却なども取り沙汰される中、東芝の今後を考えます。 … »

三越伊勢丹HDがニッコウトラベルを買収

三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は平成29年2月10日、ニッコウトラベル <9373.T>を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。 平成29年2月13日から3月23日までTOBを行い、3月23日にT … »

RIZAPグループが、フリーペーパー発行の「ぱど」を買収

2017年2月13日、RIZAPグループがフリーペーパーなどを発行する「ぱど」を子会社化すると発表され、3月31日にそれが完了しました。 ぱどが実施する第三者割当増資をRIZAPグループが引き受け、発行済み株式のうち約71%を保有することとなります。 RIZAPグループが何故今ぱどを買収するのかについて考察します。 … »