» 外食産業の海外進出とM&A

2017年8月23日

2017年7月13日、株式会社トリドールホールディングスは米国の外食ファンドへの出資を決定した。世界最大の外食市場アメリカで新たなアイデアに積極投資し、海外事業を加速されることも目的としている。

株式会社トリドールホールディングスは2025年に世界6000店舗体制実現を加速するために、今回の出資により米国外食市場で大きく成長するであろう企業の情報をいち早く収集すること可能にするとしている。

外食産業の海外進出について、考察します。

  • 「外食産業の海外進出とM&A~トリドールの展開~」

    中野友貴

    弁護士

    クレア法律事務所所属弁護士。 2010年慶応義塾大学総合政策学部卒業、2012年北海道大学法科大学院卒業。ベンチャー企業支援を主な業務とする現事務所に所属し、法務デューデリジェンス、契約書の作成・審査、サービスの適法性審査など、ベンチャー企業にかかわる法務支援を総合的に取り扱う。 著書として『IoTビジネスを成功させるための法務入門』(第一法規株式会社)。