» スシローとお米卸の神明が資本業務提携

2017年10月18日

2017年9月29日、神明グループが回転ずしの「スシロー」を運営するスシローグローバルホールディングス社の発行済み株式の内約33%を、所有していたファンドより取得した、という発表がなされました。

神明グループは元気寿司チェーンを傘下に収めており、かつては「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトに出資してその統合を目指しましたが、結果的にはカッパ・クリエイトを手放すこととなり、失敗とみなされました。

しかし、今回新たに業界トップの座を「はま寿司」と争う「スシロー」を資本参加に組み込むことで、名実ともに業界NO.1を狙う意図があるものと見込まれます。

  • 「神明とスシロー(上場会社同士のM&Aの特徴と問題点)」

    小坂俊介

    弁護士

    東京総合法律事務所代表パートナー。同所母体である西川茂法律事務所に2004年10月入所、2009年よりパートナー。主な業務は顧問業務。付随する個別案件として、相続・事業承継、M&AのDDや契約交渉、企業倒産等を扱う。現場主義をモットーとし、クロスボーダー案件では、東南アジア内陸部等のサイトビジットを活発に行う。