» マネーフォワード、CAMPFIRE、LIFULL Social Fundingの資本業務提携について

2017年11月29日

9月29日に新規上場したマネーフォワードが、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREを運営する株式会社CAMPFIRE、クラウドファンディングプラットフォームJAPANGIVING・シューティングスターを運営している株式会社LIFULL Social Fundingと資本業務提携締結を発表しました。

 

マネーフォワードはフィンテック分野で積極的に協業を進めており、今後が注目されます。この資本業務提携をプロの視点で解決します。

  • 「クラウドファンディングに乗り出したマネーフォワードの狙いは何か?」

    川井隆史

    公認会計士

    当時世界最大級の会計・コンサル企業であったアーサーアンダーセン、米コカ・コーラやGEなどのグローバル企業で事業計画やM&A後のインテグレーション責任者など従事後、その経験を生かし外資系日本法人のCFOや上場ベンチャー企業の役員などを経て創業。現在ハンズオン・CFO・パートナーズ㈱ 代表取締役社長として PMI業務(買収後統合業務)や外資系企業・ベンチャー企業の外部CFO業務、経営改善・税務会計コンサルティングなどを行っている。

  • 「貸付型クラウドファンディングのアプリ対応は実現するか」

    河本秀介

    弁護士

    敬和綜合法律事務所所属。東京大学法学部卒業後、三菱重工業株式会社資金部における4年間の勤務を経て、2007年に弁護士登録。
    以後、企業での勤務経験を活かした実践的な角度によるコーポレート分野のリーガルアドバイス、M&Aアドバイス、企業間訴訟などを幅広く手掛けるほか、IT法務や金融・ファンドの分野にも独自の強みを持つ。