» RIZAPグループ ヤマノグループから『堀田丸正』を子会社化

2017年6月28日

RIZAPグループ(アンビシャス、2928)は、和装品などを手掛ける堀田丸正(東証2部、8105)と資本業務提携すると平成29年5月23日に発表した。アパレル企業へのM&Aはジーンズメイト(7448)など上場・非上場を合わせて7社目。

堀田丸正の第三者割当増資の引き受けにより、RIZAPによる払込金額は、総額19億2500万円。増資後の保有株比率は議決権ベースで62.27%となる。

 

  • 「買うのもうまいRIZAP」

    小黒健三

    公認会計士

    小黒健三 やまと監査法人パートナー 専門はアジアM&A支援。東大経卒後、旭硝子、北関東の外食企業を経て、1998年青山監査法人(PwC)入所。2013年1月に独立し、2015年からやまと代表社員。16年間の海外M&A支援実績130件超。共著に「アジアM&Aの実務」(中央経済社)等。人材育成塾「アジアM&A実行の実務」講師。

  • 「ユニークなRIZAPによる堀田丸正の第三者割当増資引受け」

    金子博人

    弁護士

    金子 博人 (東京弁護士会所属 / 金子博人法律事務所) 事業承継、M&Aなど、ビジネス面でのサポートに力を入れています。今は、インダストリー4.0ないしIOTのマネージメントのコンサルタントに力を入れています。法務だけでなく、海外進出を含め、経営戦略を総合的に支援します。 2014年からは、新たに医療法人、学校法人のM&A,承継、相続に力を入れていますが、さらに、16年は、インダストリー4.0ないしIOTの支援に努力します。

  • 「RIZAPグループの「堀田丸正」子会社化について」

    坂元 英峰

    弁護士

    平成8年京都大学法学部卒、平成10年京都大学大学院法学研究科卒。 平成12年4月弁護士登録。平成17年6月税理士登録。日系企業のアジア進出支援に定評のある弁護士法人マーキュリー・ジェネラルの代表パートナー。 国内外の企業法務、M&A、事業再生等に豊富な経験を有し、社外役員を務める会社も多数あり、各分野に関する講演歴等も多数にのぼる。