アドバイザー紹介

中原 陸 インクグロウ株式会社 
事業戦略部 
第一事業戦略部長

中小企業向けの経営コンサルティングに従事した後、2011年にバイアウトしたインクグロウに転籍。実施主義のコンサルティング経験を活かし、数多くのM&A案件の成約に関与。食関連事業を得意とし、業界への知見やM&A経験で支持を得ている。

M&Aへの取り組み

M&Aで大切な事

M&Aの仲介事業を展開する会社の多くはM&A専業の会社、若しくは会計士や弁護士をバックグラウンドとする会社が多いですが、インクグロウはそのどちらでも無いことが特徴だと認識しています。
中小企業の成長支援をするための会社であり、後継者不在・事業承継が社会問題として表面化してきたために、そこに向けたソリューションとしてM&Aによる支援を開始しました。
ですから、当社のM&A事業にとっては、それに関係する各社が結果として成長していくことが重要であり、そのために会社に焦点を当てた支援をしております。
この「会社に焦点を当てる」ということが大切なことだと考えています。

常に心掛けていること

「仲介」ですから、あくまで中立性の確保、すなわち譲渡側も譲受側もWINになる結果を実現することにこだわりを持ちます。

印象的な出来事

ある企業の一部事業の譲渡をお手伝いしたときの話です。
元々の話では、一部事業を撤退し、その譲渡対価を持ってして別事業に投資をしていきたいという「選択と集中」が目的でした。
しかし、進めていく過程で対象企業の財務状況を確認すると、キャッシュフローに深刻な問題があることが分かりました。
結果として、買収企業は早いタイミングで見つかり、希望する条件を手にすることができたのですが、後に経理担当をしていた社長の奥様から「あと1か月遅れていたら・・・」という話がありました。
条件はさることながら、早いタイミングで買収企業を発掘できたために、その企業の存続に貢献できたということは、今も印象深く残っています。

M&Aをお考えの経営者様へ

M&Aはオーナーとしての資産形成にもちろん繋がることではありますが、まずは会社の今後の存続・発展に向けて、経営者としてM&Aという選択肢が自社に必要かどうかのご検討を頂きたく思います。
そのための支援をさせて頂きます。
数多ある選択肢の中の一つとして、ともに検討を進める過程でM&Aが必要でない、あるいは優先順位が低いときにはそうお伝えすることも弊社の役割だと考えています。

仕事に対する姿勢

相談に来られる経営者様が売り手であっても、買い手であっても、そこには必ず何らかの目的があるはずです。
ところが、相手との交渉などを経るうちに、少しづつその目的から外れていくケースがあります。目的を見失ってしまうのです。
相談者様の当初の目的が実現できないのであれば、M&Aそのものが無意味なものになってしまうだけでなく、後になって後悔される場合も多いはずです。
そのため、常に相談者様の目的が成就するためにはどうすれば良いのかを、常に優先しています。
相談者様の目的を私の目的にすること。
これが最も大切だと考えています。

アドバイザー 一覧