» 「単独では不可能な事業の実現」

M&Aの効果の中で最も大きなものが、自社単独では実現不可能な事業展開を実現できるということです。

本来、それほど事業展開できるだけのポテンシャルを持っていないにもかかわらず、M&Aを実施することによって、幅広く事業展開できるようになります。

その結果、企業の成長を加速化することにもつながっていきます。

市場シェアの拡大

市場シェア

M&Aによって同業他社を合併または買収すれば、その企業の事業も包括することになるため、効率的に市場シェアを拡大させることができます。

市場シェアの拡大、すなわち事業規模の拡大には大きなスケールメリットがあります。

まず、従来よりも製品を大量生産するため、購買力が高まります。
そのため、原材料なども今まで以上の大量購入になり、必然的に単価が下がります。

その結果、利益率の改善につながっていきます。
また製造ロット数が増えても、研究開発費や広告費、減価償却費などの固定費が跳ね上がることがないため、これらの割合が大きい事業では、スケールメリットも大きくなります。

その他にも、市場の中でのブランド力が高まり、市場価格をコントロールできる可能性が高まると同時に、消費者に対する発信力も高まるなど、競争力を得ることができるようになります。

そしてこれらが更なる収益の拡大にもつながっていきます。

新規分野事業の効率的立ち上げ

全く新たな分野の事業の自社単独立ち上げは、その事業に対するノウハウがなく、情報や取引先、顧客も一から開拓していかねばなりません。

また事業を立ち上げたとしても、収益が出るように育てるまでには人材、コストなどの経営資源を大量に投下せねばならず、しかも相当な時間がかかります。

しかしながら、M&Aで進出しようとしている分野の事業を既に展開している企業を手に入れると、ノウハウや情報、人材、取引先、顧客までまとめて入手でき、市場での地位も同時に入手することができるため、大幅な時間の短縮につながります。

その結果、新規分野に効率的に進出することが可能になります。

事業エリアの拡大

事業エリアを従来展開していなかったエリアに拡大しようとした場合、地元で歴史ある企業の信用度が高く、進出が難しい場合があります。特にこの傾向は地方で強く、そのことがあるために競合企業も進出を断念しているケースがあります。

このエリアに対して進出しようとした場合、地元企業を買収することができれば、一気に事業エリアを拡大できるだけでなく、競合企業の進出を防ぐことも可能になります。

また事業エリアを海外にまで広げたい場合、その国での商習慣や情報を熟知しておかねばならず、流通ルートの確保、人材の確保なども必要になります。

事業展開するにあたって、その国の許認可が必要な場合もあります。

これらをクリアするまでには膨大な時間や費用、人材などが必要になりますが、M&Aを活用してその国の企業を買収することで、これらが全て不要となり、短期間で事業展開できるようになります。

許認可、特許の取得

進出しようとしている事業を始めるためには許認可が必要なものもあるはずです。

しかしながら、その許認可を取得するために時間がかかったり、取得しづらい場合、想定していた時期に事業展開できないケースも出てきます。

そのような場合には、既に必要な許認可を保有している企業を買収することで、これらを短期間で入手することができます。

また、事業に不可欠な特許を他企業が保有していた場合は、自社で事業展開することができません。しかしながら、その企業をM&Aで買収することができれば、特許を自社の物とすることができ、事業進出が可能になります。

川上・川下、横方向への拡大

川上・川下拡大

現在展開している事業から、その産業の川上や川下、横方向に拡大していくことは、全く異なった分野に進出するよりも大きなシナジー効果を期待することができます。

例えば、直接消費者と接する機会がある小売業などは、消費者の嗜好や売れ筋、今後の流行予想などを正確に理解しています。

そのため、川上に位置する商品の企画開発に事業領域を拡大していくと、これらの知識や情報を反映させた商品企画開発ができるようになり、ヒット商品を販売できる可能性が高まります。

商品企画開発事業を展開している会社の場合も同様で、小売業に拡大していくことで消費者の自社商品に対する反応を直に感じることができるようになるため、ヒット商品の企画開発につながりやすくなります。

また製造業が横方向への拡大として流通事業を展開した場合には、流通コストを抑えることができ、利益率の改善につながっていきます。

しかしながら、これらの事業領域への拡大は、そのノウハウや人材、設備なども必要です。

仮に自社で事業展開しようとしても、収益を上げ、シナジー効果を高めるまでには相当な時間が必要になり、効率的ではありません。

M&Aを活用して、拡大しようとしている事業を既に展開している企業を買収することで、全てを短期間に入手でき、収益とシナジー効果につないでいくことができるようになります。