» 「不足要素を解消」

不足要素

事業資金を豊富にしたい

事業資金が潤沢でなければ、新規事業に取り組むことはできません。

また資金繰りが悪化している場合、改善させたくても、今以上に借入金を増やすことができなければ資金調達のみに走り回ることになってしまい、経営に集中することはできません。

M&Aを活用して会社を大手企業などに譲渡すれば、その企業からの貸し付けや資本注入があり、解決することができます。

また大手企業の信用力によって、金融機関からの借入も可能にできる場合もあります。

これにより、悪化した経営状態の改善と事業の拡大にもつないでいくことができます。

能力のある人材を確保したい

企業が新規事業に取り組む際に最も必要になるのが、その事業領域に対するノウハウやスキルを持った優秀な人材です。

新規事業の展開にはその事業領域についてのノウハウが必要ですが、今までその事業の経験がない人材が取り組んだとしても、ノウハウがない分、立ち上げまでに多くのミスを犯してしまうことが予想されます。

もし新規事業領域のノウハウやスキル、経験などがある人材がいれば、事業の展開はスムーズで、効率的に進むはずです。

M&Aを活用して、新規事業領域に既に取り組んでいる会社を買収すれば、これらの人材も一緒に取り込むことができ、自社の事業を有利に展開することができます。

この結果、新規事業の立ち上げは格段にスピードアップします。

新規事業領域で必要な技術が欲しい

新たな領域の事業を立ち上げたくても、その領域における製造技術がない場合、事業を軌道に乗ることはできません。

また、自社の人間にその技術を習得させるにも時間がかかります。

もしその技術には特許が関わってくる場合には、自社単独で事業を成立させることもできなくなります。

このような場合、既にその技術や特許を持っており、それを習得している人材を雇用している企業を買収することで、それらを自社の技術として活用することができます。

そうすることで、新規事業の展開スピードを速くでき、なおかつ収益をあげるまでの時間も短縮することができます。

ブランド力や販売チャネルが欲しい

自社単独で新規事業を展開した場合、その事業におけるブランド力は皆無です。

また一般消費者に向けた商品であれば、その商品を販売するためのルート開発や販売チャネルの構築が必要になります。

これらを一から構築するには膨大な時間と費用などの経営資源を投入しなくては不可能です。

しかし、これらを既に備えている企業をブランドや販売チャネルごと買収すれば、その膨大な時間を大幅に短縮することができます。

買収した企業のブランドを自社の物にできるため、そのブランドが持っている知名度や信頼度、顧客などもまとめて手に入れることができます。そしてさらに買収企業が経営資源を投入することで、今まで以上の企画開発力で、ブランドを更に進化させることもできるようになります。

また、M&Aで手にいれた販売チャネルで、従来のブランド商品だけでなく、買収企業がそれまで販売していた商品を販売することが可能となります。

海外進出

海外進出への足掛かりが欲しい

日本国内のマーケットは高齢化の影響もあり、明らかに減少傾向にあります。そのため、多くの企業が海外への進出を図っていますが、海外への進出は容易ではありません。

海外で事業を展開するためには、その国の規制や許可などをクリアしなくてはならないためです。

また、現地の市場動向やニーズも把握しなくてはならないばかりか、人材や原材料の手配なども必要になります。

これらのハードルが高いために、海外拠点の必要性は感じていても検討が進まないケースがほとんどです。

しかしながら、その国で既に事業展開している企業をM&Aで手に入れると、その国での知名度や市場シェアを一気に手に入れることができます。

面倒な許可も必要ありません。

市場動向やニーズも把握でき、人材なども同時に手に入れることができます。

高かったハードルをクリアできるだけでなく、それまで日本国内で販売していた商品を海外に向けて販売することも可能になります。