M&Aニュース

2016.11.30

【M&Aニュース】エルナー、中国企業と資本提携

平成28年11月29日、エルナー株式会社(証券コード:6972、以下、エルナー)は、同日開催の取締役会において、エルナーと南通江海電容器股份有限公司(以下、南通江海電 容器)との間での資本業務提携に関する基本合意書(以下、本基本合意書)の締結及び南通江海電容器を割当先とする第三者割当による新株式の発行(以下、本第三者割当)について決議し、本第三者割当について有価証券届出書を提出した。

エルナーは、本基本合意書の締結後、南通江海電容器との間での更なる協議及び交渉を経て、平成 28 年 11 月 29 日開催の取締役会において、南通江海電容器との間で資本業務提携を締結した。

エルナーと南通江海電容器が資本業務提携を行 う目的は、今後も車載関連需要の成長が見込まれる中国市場での積極的な需要取り込み、コスト競争力の強化 とサプライチェーンの強化を図るための生産体制を構築するため、車載電装及び産業機器向け高性能・高品質 のアルミ電解コンデンサの生産拠点を中国に合弁で設立し、エルナーと南通江海電容器が対等なパートナーシップの精神の下、相手方の有する経営資源を有効活用しお互いの事業を補完していくことにより、両社の事業を拡大させるとともにエルナーグループの利益拡大を図り、グローバル企業として中長期的な企業価値を向上させることである。

また、資本提携として、南通江海電容器に対する本第三者割当を行うことにより、業務提携の効果をより確実なものとし、また、平成 28 年9月 30 日の第3四半期連結会計期間末における純資産額が 724 百万円(自 己資本比率 2.8%)というエルナーグループの財務状況に鑑み当社の財務体質の強化を図ることを目的としている。

 

リンクはこちら