M&Aニュース

2018.12.20

大正製薬、フランスの医薬品製造販売会社UPSA社を買収

大正製薬の連結子会社である大正製薬株式会社が、Bristol-Myers Squibb Companyが子会社を通して所有するフランスの医薬品製造販売会社である UPSA SASの発行済全株式及び関連する事業資産を取得し、UPSA 社を子会社化することにつき、平成 30 年 12 月 5 日の入札参加に関する取締役会決議及び入札実施後の交渉を経て、平成 30 年 12 月 19 日付で BMS 社との間で株式・資産譲渡予約契約を締結したことを発表した。

地域面において高い補完関係にあるほか、製品開発力、ブランド育成力、及びマーケティングノウハウ等の両社のリソースを活かしたシナジーを追求することで、より持続的な成長の実現を目指すことができると考え、今回の買収に至った。

詳しくはこちら