プロコメ

2017.5.22

グリーによる3ミニッツ買収

2017.5.22

グリーによる3Minute買収について

北川朝恵
北川朝恵 弁護士 プロフィールを見る

1 グリーが43億円でスリーミニッツを買収

ゲーム業界大手のグリー株式会社は、2017年2月2日、インスタグラムやYou Tube向けのプロダクションや動画メディア、ECなどを展開する株式会社3Minute(スリーミニッツ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 細川潤)の株式を取得し、100%子会社化することを発表しました。買収額は43億円とのことです。

2 スリーミニッツ買収のわけ

スリーミニッツ社は、主に20代、30代の女性をターゲットにしたファッション動画メディアの「MINE BY 3M」の運営を行っており、累計利用者数は200万人を超えています。

「MINE BY 3M」以外にも、インスタグラムやYou Tubeを通じた動画マーケティングやインフルエンサーネットマーケティングなどを手掛け、そのインフルエンサーネットワークは、国内最大級ともいわれています。月間延リーチ数7500万、月間再生回数1億回を超えるマーケティング力を持っているといわれています。

近年、動画広告市場の成長は著しく、株式会社サイバーエージェントが行った国内動画広告の市場調査では、2020年の動画広告市場は2309億円にまで拡大するとみられています。

ゲーム事業全体でみると、グリーは縮小傾向にあり、新たな成長分野を求め、近年は住まいやヘルスケア、広告、動画などの領域に参入していました。

今回のスリーミニッツ買収は、このような新たな事業戦略の一環であり、動画広告市場における更なる成長を実現するため、インフルエンサーと連動したスリーミニッツ動画プロデュース力を利用し、動画制作やマーケティングのノウハウを強化するものといえます。

3 スリーミニッツのメリット

一方、買収された側のスリーミニッツは、2014年に設立されたばかりの新しい会社で、2016年8月期の売上高は4億4000万円、営業損益は4億7300万円の赤字、純損益は5億1000万円の赤字でした。

今回の43億円の資金調達と子会社化により、スリーミニッツは、グリーの持つ人的資源、経営資源、安定した経済基盤を獲得することになり、今後のさらなる成長が期待されます。

その他専門家コラム

最新のプロコメテーマ