» ㈱ココカラファインのドミナント戦略

テーマ調剤薬局のココカラファインがシニアコスモスの株式を取得

平成29年6月5日、株式会社ココカラファインは、調剤薬局・介護事業を展開する株式会社シニアコスモスの株式取得を発表した。

株式会社ココカラファインは、エリアにおけるドミナントを深耕するとともに、調剤事業と連携した訪問介護・居宅介護支援事業への拡大、及び既存介護事業の拡充を図ることで「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を加速させていく方針。

株式会社ココカラファインの成長戦略を考察します。

「㈱ココカラファインのドミナント戦略」

2017年7月19日
多田昌弘

公認会計士・税理士

多田総合会計事務所代表。東京大学経済学部経営学科卒。PwCコンサルティング㈱でERPや連結会計システムの導入コンサルティングに従事後、公認会計士二次試験に合格し監査法人トーマツに入所。法定監査や上場準備監査、M&Aのデューデリジェンスに従事。2004年に独立開業し、ゴルフ場や製造業のPMI(M&A後の統合業務)に従事。IT企業やヘルスケア企業の税務顧問、財務アドバイザリーを数多く務める。

戦略的M&A

東証1部上場で関東では関東「セイジョー」、関西「セガミ」などのドラッグストア、調剤薬局、介護事業所を展開している㈱ココカラファインは、東京都で調剤薬局・介護事業所を展開する㈱シニアコスモスの全株式を平成29年7月3日に株式譲渡により取得する予定と発表しました。

取得価格は非公開です。

 

 

異動する子会社の概要は下記のとおりです。

 

(1)商号  株式会社シニアコスモス

(2)代表者  宮﨑 文江

(3)所在地  東京都新宿区四谷2-5-4

(4)設立年月日  1989年5月2日

(5)事業の内容  調剤薬局・訪問介護サービス、居宅介護支援サービス等

(6)資本金 30百万円

(7)発行済株式総数 600株

(8)株主 テスコ株式会社(100%保有)

 

 

 

 

株式取得の理由は、下記のとおりです。

当社は、医療に携わる多職種協働により地域における在宅医療などを一体的に提供する「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を社会的使命と位置づけ推進しております。当取引により、エリアにおけるドミナントを深耕するとともに、調剤事業と連携した訪問介護・居宅介護支援事業の拡大、及び既存介護事業の拡充を図り、「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を加速させ、「人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する」という経営理念の実現を目指してまいります。

 

 

 

M&Aによる介護事業の再建

 

 

㈱ココカラファインの平成29年3月期の介護事業の業績は同連結会計年度の有価証券報告書において次のような説明がされており赤字事業となっています。

したがって介護事業の赤字解消のため黒字の介護事業所を有している会社を買収し介護事業の再建を図ったものと推測されます。

「訪問看護と機能訓練型リハビリデイの複合施設の収益化や本部費用の効率化などにより収益改善を図りましたが、訪問看護事業における先行投資や人件費高騰等の影響をカバーすることができず、平成29年3月期の売上高(連結)は2,410百万円(前連結会計年度比7.5%増)、セグメント損失(営業損失)は前連結会計年度比8百万円減の79百万円となりました。」

 

また、赤字となっていたと推測される介護事業所に関しては、平成29年4月1日にこれまでココカラファイングループの㈱ファインケアが運営していた埼玉県、茨城県の9ヶ所にある介護事業所が株式会社ソラストに事業譲渡されています。

 

この結果、ココカラファイングループの介護事業所は東京都に集約され、エリアのドミナントが深耕されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M&Aによるドミナント戦略の展開

 

 

ドミナント戦略とは、チェーンストアが地域を絞って集中的に出店する経営戦略です。ドミナント戦略が成功すれば、同一商圏内で市場占有率を高めることにより知名度向上やコスト削減が効率的に行えます。

 

㈱ココカラファインはドラッグストアを1,293店舗(内238店舗調剤取扱)出店していますが、調剤薬局は11店舗、介護事業所は埼玉県、茨城県、東京都にしかないため、全国の8割の地域に出店し各地域で相当数の店舗を出店しているドラッグストアと比較すると調剤薬局と介護事業所はドミナント戦略におけるドミナントが進んでいない模様です。そこで調剤薬局と介護事業に強みを持つ㈱シニアコスモスに白羽の矢を立てたものと推測されます。

 

ただし、買収した㈱シニアコスモスの売上高は、平成27年3月期:666百万円、平成28年3月期:631百万円、平成29年3月期:574百万円と年々減少しているため、ドミナント戦略により東京での介護事業の業績を向上させるとともに、ココカラファイングループが取り組んできた地域医療と緊密に連携した介護事業を展開していくことや、来店が困難な患者向けに在宅服薬指導を行うなど調剤事業と介護事業の連携を図っていくことが急務であると思われます。

その他専門家コラム

  • 「ココカラファインのM&A成長戦略とは ~シニアコスモス買収に関連して~」

    小林幸与

    弁護士・税理士

    明治大学法学部卒業後の昭和61年から弁護士活動開始。結婚出産子育てを経て、平成9年より豊島区池袋にて弁護士活動を再開。その後、東京税理士会に登録して税務分野に拡大。法人化を機会に平成26年東京銀座に進出。現在は、弁護士法人リーガル東京と税理士法人リーガル東京の代表として、銀座本店と池袋支店で弁護士5名・税理士2名の体制にて、相続税務や事業承継を含む相続全般・不動産関係に特化した事務所を経営する。

  • 「~ココカラファインのM&Aに見る調剤事業・介護事業の連携~」

    中野友貴

    弁護士

    クレア法律事務所所属弁護士。
    2010年慶応義塾大学総合政策学部卒業、2012年北海道大学法科大学院卒業。ベンチャー企業支援を主な業務とする現事務所に所属し、法務デューデリジェンス、契約書の作成・審査、サービスの適法性審査など、ベンチャー企業にかかわる法務支援を総合的に取り扱う。
    著書として『IoTビジネスを成功させるための法務入門』(第一法規株式会社)。

  • 「ココカラファインによる調剤薬局・介護事業のシニアコスモス買収について」

    飯島康央

    弁護士

    弁護士 飯島康央
    紀尾井町法律事務所所属。2000年4月弁護士登録。2015年度第二東京弁護士会副会長。2015年6月からパルシステム生活協同組合連合会員外監事を務めています。
    離婚や相続問題、交通事故や消費者事件などの他、企業間の法的トラブルに関する訴訟事件や契約書の作成、審査、債権回収、労務問題など、中小企業の法務支援にも力を注いでいます。