» ココカラファインのM&A成長戦略とは ~シニアコスモス買収に関連して~

テーマ調剤薬局のココカラファインがシニアコスモスの株式を取得

平成29年6月5日、株式会社ココカラファインは、調剤薬局・介護事業を展開する株式会社シニアコスモスの株式取得を発表した。

株式会社ココカラファインは、エリアにおけるドミナントを深耕するとともに、調剤事業と連携した訪問介護・居宅介護支援事業への拡大、及び既存介護事業の拡充を図ることで「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を加速させていく方針。

株式会社ココカラファインの成長戦略を考察します。

「ココカラファインのM&A成長戦略とは ~シニアコスモス買収に関連して~」

2017年7月19日
小林幸与

弁護士・税理士

明治大学法学部卒業後の昭和61年から弁護士活動開始。結婚出産子育てを経て、平成9年より豊島区池袋にて弁護士活動を再開。その後、東京税理士会に登録して税務分野に拡大。法人化を機会に平成26年東京銀座に進出。現在は、弁護士法人リーガル東京と税理士法人リーガル東京の代表として、銀座本店と池袋支店で弁護士5名・税理士2名の体制にて、相続税務や事業承継を含む相続全般・不動産関係に特化した事務所を経営する。

  • はじめに
  • ココカラファインについて
  • シニアコスモスについて
  • シニアコスモス買収の理由
  • ココカラファインの成長戦略としてのM&A

 

 

 

 

  • はじめに

2017年6月、株式会社ココカラファイン(以下「ココカラファイン」といいます。)は、調剤薬局・介護事業を展開する株式会社シニアコスモス(以下「シニアコスモス」といいます。)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表しました。なお同年7月に株式譲渡されましたが、譲渡価格は非公開です。

ココカラファインは、M&Aで急成長してきた企業であり、今回のシニアコスモス買収も企業の成長戦略の一環と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ココカラファインについて

そこで先ず、M&Aで急成長したココカラファインについて、説明します。ココカラファインは、セガミメディクス(関西地方・中国地方を中心にドラッグストアなど展開していた会社)とセイジョー(関東地方を中心にドラッグストアなど展開していた会社)が、2008年に経営統合して、ココカラファインホールデングス(2010年ココカラファインに商号変更)として、設立されました。

その後、ドラッグストア・調剤薬局チェーンや介護事業などの会社を、次々と買収し、経営統合後10年近くを経過し、売上高は右肩上がりで成長してきました。

ココカラファインは持株会社であり、同社の傘下に8社の子会社があります。同社の中核的企業は、株式会社ココカラファインヘルスケアであり、

ドラッグストア・調剤・インターネット通販・卸売の事業を担当しています。また同様に傘下の株式会社ファインケアは、グループの介護事業を2006年から展開しています。ドラッグストア・調剤事業とのシナジー効果による地域のライフサポート事業として位置づけ、訪問介護事業やサービス付高齢者住宅の運営などの事業を展開しています。

 

 

  • シニアコスモスについて

ココカラファインに買収されたシニアコスモスは、1989年に設立された資本金3000万円の調剤薬局・介護サービス事業を展開する会社です。同社は、新宿区を中心に都内7ヶ所で事業所展開しており、平成29年3月期の売上高5億7400万円、総資産1億8900万円ですが、ここ数年の売上高が減少傾向にありました。

 

  • シニアコスモス買収の理由

ココカラファインによりますと、同社は、医療に携わる多職種協働により地域における在宅医療などを一体的に提供する「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を社会的使命と位置づけ推進しています。今回のシニアコスモスの株式譲受により、エリアにおけるドミナントを深耕するとともに、調剤事業と連携した訪問介護・居宅介護支援事業の拡大、及び既存介護事業の拡充を図り、「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を加速させ、「人々のココロとカラダの健康を追及し、地域社会に貢献する」という経営理念の追求を目指すとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココカラファインは、次のような買収を重ねて、事業規模・事業領域の拡大をしてきています。

  • 2009年

介護事業を展開するタカラケア株式会社の全株式を取得し子会社化。

 

  • 2010年

首都圏で事業展開する株式会社いわいのドラッグ・調剤事業の譲受。株式会社アライドハーツ・ホールデングスと合併し、株式会社ココカラファインに商号変更。

 

  • 2011年

北海道で調剤事業を展開する有限会社メディカルインデックスの株式を取得し子会社化。北海道でドラッグ・調剤事業を展開する株式会社すずらん薬局の全株式を取得し、子会社化。リハビリ特化型介護事業を運営する有限会社リワークス及び株式会社元気の株式を取得し、子会社化。

 

  • 2012年

タカラケア株式会社を株式会社ファインケアに商号変更し、グループの介護事業を集約。東京都・埼玉県で事業展開する株式会社ABCのドラッグストア・調剤事業を譲受。甲信越東北エリアでドラッグストア・調剤事業を展開する。株式会社コダマの全株式取得し、子会社化。

 

  • 2013年

子会社6社を合併し「株式会社ココカラファインヘルスケア」を設立。世田谷区で調剤事業を運営する株式会社光慈堂の株式取得し、子会社化。山口県でドラッグストア事業を展開する株式会社岩崎宏健堂の株式取得し、子会社化。

 

  • 2016年

世田谷区を中心に訪問介護・居宅介護支援事業を運営する、株式会社山本サービスの株式取得、子会社化。

 

  • 2017年

調剤薬局を運営する有限会社東邦調剤の株式取得、子会社化。シニアコスモスの全株式を取得して子会社化。

 

 

以上のような、ココカラファインが実行してきた企業買収の内容をみますと、ドラッグストア調剤事業の買収の繰り返しによる店舗数と展開エリアの拡大だけでなく、介護事業の買収を実施して両事業のシナジー効果を見越した成長戦略をとっていることは、評価できます。今回のシニアコスモス買収も、かかるココカラファインの成長戦略の一環と思われます。

 

その他専門家コラム

  • 「~ココカラファインのM&Aに見る調剤事業・介護事業の連携~」

    中野友貴

    弁護士

    クレア法律事務所所属弁護士。
    2010年慶応義塾大学総合政策学部卒業、2012年北海道大学法科大学院卒業。ベンチャー企業支援を主な業務とする現事務所に所属し、法務デューデリジェンス、契約書の作成・審査、サービスの適法性審査など、ベンチャー企業にかかわる法務支援を総合的に取り扱う。
    著書として『IoTビジネスを成功させるための法務入門』(第一法規株式会社)。

  • 「ココカラファインによる調剤薬局・介護事業のシニアコスモス買収について」

    飯島康央

    弁護士

    弁護士 飯島康央
    紀尾井町法律事務所所属。2000年4月弁護士登録。2015年度第二東京弁護士会副会長。2015年6月からパルシステム生活協同組合連合会員外監事を務めています。
    離婚や相続問題、交通事故や消費者事件などの他、企業間の法的トラブルに関する訴訟事件や契約書の作成、審査、債権回収、労務問題など、中小企業の法務支援にも力を注いでいます。

  • 「㈱ココカラファインのドミナント戦略」

    多田昌弘

    公認会計士・税理士

    多田総合会計事務所代表。東京大学経済学部経営学科卒。PwCコンサルティング㈱でERPや連結会計システムの導入コンサルティングに従事後、公認会計士二次試験に合格し監査法人トーマツに入所。法定監査や上場準備監査、M&Aのデューデリジェンスに従事。2004年に独立開業し、ゴルフ場や製造業のPMI(M&A後の統合業務)に従事。IT企業やヘルスケア企業の税務顧問、財務アドバイザリーを数多く務める。