プロコメ

2017.7.19

調剤薬局のココカラファインがシニアコスモスの株式を取得

2017.7.19

ココカラファインのM&A成長戦略とは ~シニアコスモス買収に関連して~

小林幸与
小林幸与 弁護士・税理士 プロフィールを見る

はじめに

2017年6月、株式会社ココカラファイン(以下「ココカラファイン」といいます。)は、調剤薬局・介護事業を展開する株式会社シニアコスモス(以下「シニアコスモス」といいます。)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表しました。なお同年7月に株式譲渡されましたが、譲渡価格は非公開です。

ココカラファインは、M&Aで急成長してきた企業であり、今回のシニアコスモス買収も企業の成長戦略の一環と考えられます。

ココカラファインについて

そこで先ず、M&Aで急成長したココカラファインについて、説明します。ココカラファインは、セガミメディクス(関西地方・中国地方を中心にドラッグストアなど展開していた会社)とセイジョー(関東地方を中心にドラッグストアなど展開していた会社)が、2008年に経営統合して、ココカラファインホールデングス(2010年ココカラファインに商号変更)として、設立されました。

その後、ドラッグストア・調剤薬局チェーンや介護事業などの会社を、次々と買収し、経営統合後10年近くを経過し、売上高は右肩上がりで成長してきました。

ココカラファインは持株会社であり、同社の傘下に8社の子会社があります。同社の中核的企業は、株式会社ココカラファインヘルスケアであり、

ドラッグストア・調剤・インターネット通販・卸売の事業を担当しています。また同様に傘下の株式会社ファインケアは、グループの介護事業を2006年から展開しています。ドラッグストア・調剤事業とのシナジー効果による地域のライフサポート事業として位置づけ、訪問介護事業やサービス付高齢者住宅の運営などの事業を展開しています。

シニアコスモスについて

ココカラファインに買収されたシニアコスモスは、1989年に設立された資本金3000万円の調剤薬局・介護サービス事業を展開する会社です。同社は、新宿区を中心に都内7ヶ所で事業所展開しており、平成29年3月期の売上高5億7400万円、総資産1億8900万円ですが、ここ数年の売上高が減少傾向にありました。

シニアコスモス買収の理由

ココカラファインによりますと、同社は、医療に携わる多職種協働により地域における在宅医療などを一体的に提供する「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を社会的使命と位置づけ推進しています。今回のシニアコスモスの株式譲受により、エリアにおけるドミナントを深耕するとともに、調剤事業と連携した訪問介護・居宅介護支援事業の拡大、及び既存介護事業の拡充を図り、「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を加速させ、「人々のココロとカラダの健康を追及し、地域社会に貢献する」という経営理念の追求を目指すとのことです。

ココカラファインは、次のような買収を重ねて、事業規模・事業領域の拡大をしてきています。
2009年
介護事業を展開するタカラケア株式会社の全株式を取得し子会社化。
2010年
首都圏で事業展開する株式会社いわいのドラッグ・調剤事業の譲受。株式会社アライドハーツ・ホールデングスと合併し、株式会社ココカラファインに商号変更。
2011年
北海道で調剤事業を展開する有限会社メディカルインデックスの株式を取得し子会社化。北海道でドラッグ・調剤事業を展開する株式会社すずらん薬局の全株式を取得し、子会社化。リハビリ特化型介護事業を運営する有限会社リワークス及び株式会社元気の株式を取得し、子会社化。
2012年
タカラケア株式会社を株式会社ファインケアに商号変更し、グループの介護事業を集約。東京都・埼玉県で事業展開する株式会社ABCのドラッグストア・調剤事業を譲受。甲信越東北エリアでドラッグストア・調剤事業を展開する。株式会社コダマの全株式取得し、子会社化。
2013年
子会社6社を合併し「株式会社ココカラファインヘルスケア」を設立。世田谷区で調剤事業を運営する株式会社光慈堂の株式取得し、子会社化。山口県でドラッグストア事業を展開する株式会社岩崎宏健堂の株式取得し、子会社化。
2016年
世田谷区を中心に訪問介護・居宅介護支援事業を運営する、株式会社山本サービスの株式取得、子会社化。
2017年
調剤薬局を運営する有限会社東邦調剤の株式取得、子会社化。シニアコスモスの全株式を取得して子会社化。

以上のような、ココカラファインが実行してきた企業買収の内容をみますと、ドラッグストア調剤事業の買収の繰り返しによる店舗数と展開エリアの拡大だけでなく、介護事業の買収を実施して両事業のシナジー効果を見越した成長戦略をとっていることは、評価できます。今回のシニアコスモス買収も、かかるココカラファインの成長戦略の一環と思われます。

その他専門家コラム

最新のプロコメテーマ