プロコメ

2018.7.11

MicrosoftのGitHub買収について

2018.7.11

GitHub買収にみるMicrosoftの戦略

小坂俊介
小坂俊介 弁護士 プロフィールを見る

MicrosoftによるGitHub買収

2018 年 6 月 4 日、米国Microsoftは 、米国GitHub, Inc.の買収について、合意が成立したと発表した。
GitHub, Inc.は、2,800万人以上の開発者が参加するOSS(オープンソースソフトウェア)ソフトウェアのプラットフォームであり、ソースコードをホスティングする大手クラウドサービスである「GitHub」の運営母体である。

取引の具体的内容は、Microsoftが、GitHubの株式代金75 億ドル相当全額をMicrosoft株で支払う、というもので、2018年内には買収をクローズさせる予定とのことである。

GitHubとは

GitHubを簡単に説明すると、「開発中のソフトウェアをインターネット上に保管するための置き場所を提供するサービス」であり、GitHubにソースコードをホスティングすることで複数人のソフトウエア開発者と協働してコードをレビューしたり、プロジェクトを管理しつつ開発を行うことができる。GitHub商用プランおよびオープンソースプロジェクト向けの無料アカウントを提供している。2009年のユーザー調査によると、GitHubは最もポピュラーなGitホスティングサイトとなった。

買収の背景

Microsoftは、爆発的な成長を続けるクラウドコンピューティングに注力している。クラウドで現在独走しているのはアマゾンウェブサービスASWであるが、Microsoft がGitHubを買収することで、自社のAzureとAWSの差を一気に縮めたいというのがMicrosoft側の意図である。

この流れは、サティア・ナデラが、2014年2月4日、スティーブ・バルマーの退任後、最高経営責任者に就任したことで加速している。
もともと、Microsoftは顧客囲い込み型の営業戦略の下で、オープンソース(フリーウェア)を敵視してきた。GitHubのCEOワンストラス氏も「GitHubを10年前(2008年)に立ち上げたときには、Microsoftによる買収は想像すらしなかった。オープンソースはビジネスにとって、水と油だと認識していた。」としている。
しかし、Microsoftは、ビル・ゲイツ退任後、二代目CEOスティーブ・バルマー時代の失速期を経て、三代目CEOサティア・ナデラ政権の下で、「ウィンドウズ10」の無償配布を皮切りに、クラウドサービスを主眼とした新たな時代を迎えようとしている。既に、クラウドやモバイルなどのサービスを対象としたソフトウェア会社の買収は、今回のGitHubのみならず枚挙にいとまがない。
これまで米国政府の知財戦略の加護下で顧客囲い込み型を専売特許としてきたMicrosoftであるが、現在は、アマゾンやグーグルのようなクラウドサービス、オープンソース戦略に舵取りを切っている。

時代の趨勢であるクラウドやオープンソース化

従前のような知的財産権に守られてきたソフトウェアの商業利用の退廃は、上記のMicrosoftの戦略展開だけではなく、業界全体の趨勢でもある。
例えば、PtoPを利用したBITCOINへの金融機関等の大手民間企業の参入はその典型例である。PtoPはもともと、ファイル交換ソフトであるが、知的財産権の抜け道として、長らく(ある意味では)違法に利用されていた時期がある。しかし、BITCOINを通じて、PtoPといったオープンソースは商用利用として第一線を歩んでいる。
オープンソースのキーワードは、「一致協力」するということである。裏を返せば、「権利を主張しない」ということであり、その状態では皆が譲り合う世界となるため、法律による規制は意味をなさない場合が多くなる。したがって、知的財産権という単語すら目にすることが少なくなるだろう。
そうした土俵でビジネスを展開しなければならなくなったソフトウェア業界全体に一種の危うさを感じるのは筆者だけではないかもしれない。

買収の成功の鍵となるもの

「サティアは、ソフトウェア界のローマ教皇」。GitHubの競合であるCoreOSのCEOアレックス・ポルヴィはこう表現している。「彼は、保守的になったMicrosoftをクールに改革した。」
しかし、従前オープンソースを敵視し、Linuxを業界の「がん」と呼ぶなど、知的財産権侵害で訴訟提起まで警告してきたMicrosoftが、GitHubの優秀な開発者を手なずけることは容易でない。
既に「ScuttleButt」など複数の開発グループは、拠点ホストを競合に移行している。今後、オープンソースの世界に歓迎されるかどうかが、Microsoftがイノベーションの最前線へ再び上り詰めるための鍵となるだろ

最新のプロコメテーマ